プロ用ネガフィルム「フジカラーPRO400Hプロフェッショナル」が販売終了

富士フイルムのプロ用ネガフィルム「フジカラーPRO400Hプロフェッショナル」が販売終了とのアナウンスが発表されました。

135/120共に販売終了とのことで、後継推奨品は全くなしというなんとも寂しいアナウンスとなっています。

PRO400Hといえば定番中の定番、ISOも色味もとても使いやすくプロ用とされてはいますがアマチュアだっていつでも常備していて間違いないフィルムです。

コダックが増産するという話の中で富士フイルムの売れ筋が終売というのがちょっとちぐはぐな感じですが、実際にフィルムを取り巻く現状としては富士フイルムの判断が市場をちゃんと見ているんでしょうね。残念ながら。

さて、PRO400Hが終売となると常用できそうなフィルムはSUPERIA PREMIUM 400か、他社だとコダックかロモグラフィーの製品か?というところ。

ロモグラフィー、やたら安くて面白いフィルムをいっぱい出してるんですが、いかんせんクオリティというか作りはやはり安いなりなんですよね。

写真屋やってると特に現像のときに作りの粗雑さに直面することになります。ブローニーフィルムの留めテープとか綺麗に剥がれない上に現像液の中で剥がれて浮遊するんですよ……あ、いやこれはコダックも一緒か?富士フイルムが一番優秀です。

さて、何にしてもフィルム業界にはずっと苦しい状況ですが、フィルムカメラユーザーとしてはちゃんとフィルムを買って支えていかなければなりませんね。

あとちゃんと現像に出して写真屋さんも支えて下さい……

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です