USB-Cのコンパクトなカードリーダー、「Anker USB-C 2-in-1 カードリーダー」レビュー

最近のデジカメには無線機能がついてるけれど……

デジカメは一眼レフカメラ「PENTAX KP」を普段使いしています。


wi-fi機能が付いているので、出先では撮影した画像を無線でスマホへ取り込んで使ったりしています。

……が、PENTAX純正転送アプリ「Image Sync」が安定しないし遅いのなんの……

複数画像を選択して転送しようとするとものすごい待たされる。動画を転送しようもんなら途中で落ちるのもザラです。

いや、知っていました。PENTAXは昔からこういう企業です。アプリに関してはめちゃくちゃ弱いんです。

そういうわけでサードパーティ製の転送アプリもいくつか使ってみたんですがしっくりくるものにはなかなか出会えず……ついに有線で画像取り込みをすることにしました。無線機能ついてるのに。

Anker USB-C 2-in-1 カードリーダー

今回買ったのはAnkerの「USB-C 2-in-1 カードリーダー」です。


USB-Cでスマホに直接挿して使えるカードリーダーで、SDとmicroSDに対応しています。

外観

ケーブルのないデザインが何よりもいいですね。出先で使う時に煩わしくないです。持ち運びもラクラク。

本体はザラッとした質感で高級感のあるメタリックグレー。突起も何もないシンプルデザインが目を引きます。

まあなんとも小さい。持ち運ぶ時に全く邪魔になりません。むしろ無くしそうで怖いくらいです。

表面はロゴだけのスッキリしたデザイン。

仕様や注意書きは裏にびっしり書いてあります。

SDとmicroSDのスロットを側面に備えています。一眼とコンパクトカメラなんかを併用している人には便利な仕様ですね。

UHS-Iまでしか対応していないので、高速SDカードはポテンシャルが引き出せないようです。スマホに数枚取り込む用途なら問題はないでしょう。

スマホに接続

スマホに挿すとこんな感じ。ケーブル式ではないのでスマホケースを着けていると干渉しそうに感じますが、本体は端子側に向かって細くなっているので意外と大丈夫そう。

自分が使っているケースでは問題ありませんでした。

ちなみにスマホは「BlackBerry Key2」です。販売終了してしまいましたが、現状で世界最高のスマホですね。(個人の感想です)

SDカードを挿してみます。

そう、なぜかロゴとSDカードの裏表が逆になります。何故……印字面を逆にすればいいだけの話のように感じますが、謎です。

挿入時には気をつけましょう。

取り込み

スマホに挿すと外部ストレージとして認識されます。

自分の環境ではjpgもRAWもサムネイルが表示されるので選びやすいですね。ここらへんはファイル管理アプリによると思います。

取り込みたい画像を選択して本体ないし本体内SDにコピーしましょう。

取り込み速度はPENTAX KPのwifi転送と比べると雲泥の違いです。悲しいですね。

動画も安定して取り込めます。

最後に

最後にちょっとしたマイナスポイントを。

この製品、コンパクト化かコストダウンのためか、端子キャップがついていません。

さすがに端子むき出しで鞄に放り込むのもどうかと思いますので、小さなケースなど用意して入れるのをおすすめします。

できればぴったりサイズの入れ物が欲しいですね。レザークラフトで自作するしかないのか……?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です